嶺峰院は「遺骨で行う葬儀から納骨・法要まですべて一貫して完了できる」寺院です。

比叡山延暦寺・天台宗に属し、御本尊は阿弥陀如来。
遺骨葬を始め、亡くなった方々の彼岸法要や年忌法要、先祖供養がおこなわれています。

嶺峰院の歴史

 嶺峰院回向堂はもともと「常念仏 阿弥陀堂(じょうねんぶつ あみだどう)」として西暦1100年以前にはすでに神峯山寺の一部として存在していたと思われます。神峯山寺(かぶさんじ)は文武天皇の即位元年(697)に役の行者(えんのぎょうじゃ)によって建立。明治天皇にいたるまで歴代天皇の勅願所とされてきた古い歴史を持つ寺院ですが、その神峯山寺の天明3年(1784)の古文書によると「常念仏 阿弥陀堂」はその当時すでに相当年数を経た古いお堂で建立年月日は不明である、と記されています。 

 一方、神峯山寺の秘密縁起によると、大治年間(1126)大原荘、今の高槻市原に橘輔元(たちばなのすけもと)という人がいて、悪疾を患ったが、神峯山寺の「阿弥陀堂」で念仏(なむあみだぶつ)を一心不乱に昼夜お唱えしたところ全快。自ら僧となって、良恵(りょうえ)と名のり伽藍を建立した、とあります。 

 その「常念仏 阿弥陀堂」は近世に焼失しましたが、ご本尊の阿弥陀如来は神峯山寺に現存しており、国指定重要文化財になっています。そして平成15年にその阿弥陀堂は「嶺峰院回向堂」として再建されました。

地図



〒569−1051 大阪府高槻市原3301−3 神峯山寺山内寺院
TEL:072-688-0488 (受付時間 9:00~17:00)

神峯山寺へのアクセス 【⾼速道路利⽤】


アクセス情報

■車でお越しの方

【Googl Map】

① 新大阪駅~神峯山寺駐車場② 京都駅~神峯山寺駐車場
③ 高槻駅~神峯山寺駐車場④ 神峯山寺駐車場~神峯山寺

※注意事項!
カーナビで「神峯山寺」と設定すると、現在車両通行止めとなっている大鳥居の旧道と、離合困難な原立石バス停の細い道を案内することがあります。Googleマップの案内に従ってお越しください。

■駐車場に関して

①参拝者・護摩祈願者
Dパーキング「神峯山寺参拝者駐車場」をご利用ください。
料金:60分 /300円 (3時間最大 500円 )
※駐車料から頂戴する利益金は全額「神峰山の森」保全のために使用させていただきます。
※硬貨、千円札のみ利用が可能です。

②檀信徒・法要参列者・霊園関係者
「神峯山寺参拝者駐車場」もしくは「神峯山寺山門駐車場 (*)」をご利用ください。
*「神峯山寺山門駐車場」は檀信徒と神峯山寺に名簿登録されている方のみ利用可能です。
利用者は必ずお茶屋 (売店)もしくは総合受付にてお名前・車両ナンバーをお知らせください。
※関係者以外の無断駐車は二千円を申し受けます。

③霊園利用者専用駐車場
お墓参りの方は①②に加え「神峯山寺霊園専用駐車場」もご利用いただけます。
※神峯山寺山門から約 400m先にあります。
※駐車される方は、神峯山寺事務所 072-688-0600へ電話をし、霊園使用者氏名、車両ナンバーをお伝えください。
※関係者以外の無断駐車は二千円を申し受けます。
※霊園利用者であっても、ハイキング等での長時間駐車はご遠慮ください。

④登山・ハイカーの方
Dパーキング「いこいの広場駐車場」をご利用ください。
料金:12時間 500円 (前払いチケット制)
※神峯山寺山門から約 700m先にあります。ポンポン山へ登山、ハイキングされる方はご利用ください。
※駐車料から頂戴する利益金は金額「神峰山の森」保全のために使用させていただきます。
※硬貨、千円札のみ利用が可能です。
※無断駐車はタイヤロック等の措置をとらせていただきます。

●大型バス
基本的に駐車できませんので、神峯山寺まで事前にご相談・ご連絡ください。
TEL:072-688-0788(9:00~17:00)

拝観時間について

午前9時~午後5時
上記以外の時間帯にお越しいただいても、境内にお入りいただけないことがございます。